村上春樹 kindle版 日本語の通販情報

村上春樹 kindle版 日本語に関する通販商品をご紹介しています。

キーワード:



TOPページ | 次のページ

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

価格:1,736円 新品の出品: 中古品の出品:749円
コレクター商品の出品:998円
カスタマーレビュー
走ることについて語りつつ、小説家としてのありよう、創作の秘密、そして「彼自身」を初めて説き明かした画期的なメモワール。
ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 電子特別版 (文春e-book)

価格:2,601円 新品の出品: 中古品の出品:1,900円
コレクター商品の出品:420円
カスタマーレビュー
「旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない」村上春樹、待望の紀行文集。アメリカ各地、荒涼たるアイスランド、かつて住んだ、『ノルウェーの森』を書き始めたギリシャの島々の再訪、長編小説の舞台フィンランド、信心深い国ラオス、どこまでも美しいトスカナ地方、そしてなぜか熊本。旅というものの稀有な魅力を書き尽くす。電子特別版は、単行本に収録していないカラー写真を多数収録しています。
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)

価格:4,644円 新品の出品: 中古品の出品:2,998円
コレクター商品の出品:850円
カスタマーレビュー
多崎つくる、鉄道の駅をつくるのが仕事。名古屋での高校時代、四人の男女の親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された。何の理由も告げられずに――。死の淵を一時さ迷い、漂うように生きてきたつくるは、新しい年上の恋人・沙羅に促され、あの時なにが起きたのか探り始めるのだった。全米第一位にも輝いたベストセラー!
若い読者のための短編小説案内 (文春文庫)

価格:4,231円 新品の出品: 中古品の出品:1,665円
コレクター商品の出品:1円
カスタマーレビュー
「小説って、こんな風に面白く読めるんだ!」。村上春樹が小説家としての視点から、自らの創作の秘訣も明かしつつ、吉行淳之介、安岡章太郎、丸谷才一といった戦後の日本を代表する作家六人の短編小説を読み解いた“私的な読書案内”。
走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

価格:562円 新品の出品:562円 中古品の出品:188円
コレクター商品の出品:1,050円
カスタマーレビュー


TOPページ | 次のページ